【忍者龍剣伝Ⅱ】龍より強き者の名は・・・?の巻


さて、今回も「忍者龍剣伝Ⅱ」の続きね
今回は第3章からよね

タイトルは「異形」ってちょっと不気味なタイトルだけど、気にせず行くわよ!

 

そんなタイトルで気にせず笑って行ける訳ないでしょ・・・
ここまでやって難易度の高さの片鱗も見えてきたから、リュウ・ハヤブサさん的にも心労が溜まってきてる頃でしょうに
こんな深夜まで働いてるのよ・・・

 

いや、リュウ・ハヤブサさんは労働でやってるわけではないと思いますが・・・
まあ第3章の中身を見てみましょう

 

管理人さんの言うとおり、真夜中のステージみたいだね
 
雷が鳴る時だけ足場が見えて、それ以外だと真っ暗みたいだよ
あと分身って前の章クリアしても引き継ぐんだね
忍術は手裏剣に戻っちゃうから、この辺もⅡの新しい仕様みたいだね

 

はい、真っ暗と聞いて「忍者龍剣伝Ⅱ」ならあるかと思った罠がありましたよ

こういう細い足場ね!

 

・・・まあ「忍者龍剣伝Ⅱ」ならコレ位の罠はしかけるわね
あと私的には人魂もやっかいに思えたわ
ホーミングしてくる上に触れたときに体力が2も持っていかれるから上手く倒せないとやっかいなのよね・・・

 

3-1の真っ暗地帯を抜け、3-2の塔内に入ると明るくなるわよ
 

 

背景を見る感じだと朝焼けっぽいわね・・・
リュウ・ハヤブサさんは何度も死んだ上に徹夜までするハメになったのかしらね
死ぬだけじゃなく、これも前もって言ってあげてたらよかったのに・・・

 

徹夜のことを知っててもわざわざ言うか!
死ぬと同列の話じゃないでしょ!
あとゲーム的には死んでも、シナリオ的にはリュウ・ハヤブサさんは死んでないから!

 

3-2の序盤は比較的進めやすい気がするわ
kenkenちゃんもやられずに済んでたみたいだし
 

 

・・・とはいえ、3-2後半は嫌な予感はするわね
何せ足場がこんな感じだからね
 
忍者龍剣伝名物のいやらしい敵の配置がありそうな・・・

 

はい、案の定あったわね

 
前作からダメージが減って弱体化した事を思わせない、見事ないやらしい一撃だったわね・・・

 

前作からの猛威の振るいよう・・・
パッケージに登場してもいいレベルじゃない!?

なぜ龍が登場してて、鳥が登場してないのかしらね!?
世界観的に龍剣よりも鳥剣の方が強そうじゃない?
1撃で3つもボスの体力減らせたら、間違いなく強いし

 

アホか!
忍者鳥剣伝じゃ、タイトルが締まらんわ!!
焼き鳥屋でも目指すのかって話になるでしょ!

 

あと3-2で個人的に気になったのはこの敵でしょうかね

非常に攻撃しにくい位置から斜め攻撃でリュウ・ハヤブサさんを狙ってきます
足場が小さく、刀1撃で倒せない事から、無理に倒しに行ってもダメージ後のノックバックで落下の可能性が高いです

 

道中での注意点は以上かな!?
ボスについてはどうなの?
 

 

意外と動きは単純みたいです
こんな感じで、主に2通りの攻撃をしてきます
 
↑左右に移動しながら一定間隔で弾を撃ってくる

↑放物線を描く弾を飛ばす

 

これなら結構見切りやすいんじゃない?
初見は難しくても2回目ぐらいで倒せるでしょ?
 

 

・・・ホントに2回目で勝ててしまいました

 
なんかこの方、勝手にハマってしまってましたね・・・
2回目は楽勝でした

 

クリア後のムービーでは、アイリーンさんに化けた兇魔天帝アシュターさんとリュウ・ハヤブサさんがついに対峙しますよ
いつ見ても不気味な方です・・・

 

いやだから兇魔天帝くん、人違いだって!
このブログの忍者龍剣伝Ⅰを見てもらえばわかるけど邪鬼王は倒せなかったって言ってるでしょ!

龍の忍者じゃなく、1撃で体力3つ分ダメージ与えられる鳥の忍者かなんかが倒したんじゃないの!?

 

兇魔天帝アシュターもいちいちそんな個別事情なんて知らないでしょ!
そこは邪鬼王倒したって事にしておきなさい

あと一応言っておくけど、兇魔天帝って名字じゃないからね!

 

アイリーンさんは結局助けられず、ストーリーはまだ続く感じみたいね
第4章は次回にするので、またぜひ見てください

 

  



ゲームプレイ日記 ブログランキングへ

もし記事が良かったらブログランキングや下のはてブ等のクリックをぜひお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です