【DQR】エイトゼシカが終了‥多々買いは無常さの巻

み、みんな!!
「ドラゴンクエストライバルズ」でついにナーフが決まったらしいよ!!
2018/12/20に実施されるみたい!!

※ナーフ・・・カードの性能が強すぎるので下方修正されること

 

まあ、今までもあったことだし、そろそろあるんだろうとは思ってたけどね
勇者エイト+ゼシカと勇者ソロ+ククールデッキが猛威を振るってたからね

 

未だ勇者が0枚の管理人さんはとても苦戦してたみたいですしね‥
酷い時はゼシカさんとククールさんとしか当たらなかったみたいですから

 

さっそくどのカードがナーフされたのか見ていきましょうよ
 

 

ナーフされたのはこの8枚のカードですね

 
勇者ソロさんの導かれし者たち、ふしぎなタンバリン、ウインドマージさん、魔力の奔流、暴走魔法陣、ヒャドの極意、ソウルイーター、デビルアーマーさん
となります

 

まあ、ある程度妥当と言えば妥当なところかしらね‥
エイトピサロはほぼ修正なしに近いのが若干気になるところだけどね

 

エイトゼシカは終了でしょうね‥
主力となるカードが軒並み大幅な下方修正だからね
 
特に魔力の奔流とウインドマージは酷いわね‥
魔力の奔流はスーパーレアカードだけど、ここまで弱くなると引いたら損した気分になるわ

 

暴走魔法陣は初の2回ナーフカードだね

 
一番最初は2コストで味方ユニットがいるマスを魔法陣にする効果だったのが、3コストにナーフされ、そして今回の1マスのみ魔法陣(ただしコストは下がる)に修正だね

 

まあ、ゼシカさんの強さは運営側の予想以上だったんでしょうけど‥

勇者ソロさんとククールさんのふしぎなタンバリンデッキはリリース前に予想できなかったんでしょうかね
0コストで大量にユニットが出せればふしぎなタンバリンでエライことになってしまうのは、正直予想がつくと思うのですが‥

 

管理人さんですら思いつきそうなデッキだもんね
これは前もって気づかないとダメだよね‥
とはいえ、必要な修正だろうし、初のレジェンドレア修正で結構大変だったろうね‥

 

デビルアーマーは元から強いのに加えて、エイトゼシカ、ソロククールが弱体化したから相対的にテリーが大きくパワーアップしかねないってところからの修正かしらね

 

では次は逆に上方修正されるカードをみてみましょうか
 
たたかう、王女救出、プラズママウスさん、かれくさネズミさん、なぞの神官さん、タロットフォーチュンですね
たたかうと王女救出はロトの血を引く者さんで使えるカードなので実質は5枚ですかね

 

ロトの血を引く者の上方修正はちょっと分かりにくいかもだけど、要するに今まではリーダーに直接攻撃できなかったのができるようになったってことね

 

あとはゼシカ、ククールが猛威を振るってる中で割りを食っちゃってたリーダーを上方修正させたって感じかしらね

・プラズママウス→武道家
・かれくさネズミ→商人
・なぞの神官、タロットフォーチュン→占い師

 

個人的にはかれくさネズミさんが気になるところですね‥
1コストでモンスター2体出せるのはかなり強いのではないでしょうか

商人ではシーゴーレムさんレベルの採用率になるような気がします‥

 

お~い、みんな~
「ドラゴンクエストライバルズ」でナーフがあったんだって!?

 

管理人さん、ほぼ一通り紹介し終わってから来るなんて遅すぎるよ‥
 

 

あ~、大丈夫、大丈夫
この回で次のナーフ予想をしたでしょ?
この中のどれかってオチでしょ?

 

‥1個も当たってないよ

 

 

‥1コストのタロットシャッフルが当たった?

 

 

1コストじゃなく1個も当たってないわよ!!
なに現実逃避してるのよ
恥を知りなさい!!

 

う、うるせー、ゲー美ちゃんだって「痛みわけの杖」とか言って思いっきり外してたじゃない!
だいたい第5弾の勇気の英雄譚が出る前の予想だから仕方ないでしょ!!

 

ナーフの大本命だと思ってた、ブラッドレディを錬金せず取っておいたみたいだけど、無駄になっちゃったね‥

 

こ、今回はナーフにならなかったけど、今後も怪しいだろうから、ブラッドレディの余りはキープよ、キープ!!

勇者ソロを持ってた人で錬金しちゃった人もいたらしいけど、ナーフしそうなカードは取っておいた方がいいですよ!
ナーフとかも見据えて計画的にプレイして行きましょうね

 



ゲームプレイ日記 ブログランキングへ

もし記事が良かったらブログランキングや下のはてブ等のクリックをぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください