【DBZ 超サイヤ伝説】対ラディッツ戦までやってみましたの巻




前回は話ばかりで全くゲームを進められなかったから今回は早速やりますか
 
ラディッツが地球に来るところから始まるのよね

 

原作だと悟空とピッコロが組んでラディッツを倒す話よね
地球最強コンビで早速倒しに行きましょうよ

 

あの‥、倒しに行きたいんですが‥

 
どっちに進めばいいんでしょうか
いきなり放り出された感じなんですけど

 

これまでのシリーズだとこんな感じでマスがあって進める方向が決まってたからね
 
↑ドラゴンボール3より
自由に動けるとこういう指針がなくなるから大変だわ

 

あっ、分かったわ!
本来はどこに行ったらいいのか教えてくれるイベントがあるはずだけど、バグが発生して教えてもらえないのね!!
1986年発売のドラクエ1でもお城の中から始まって、何をすべきかヒントをくれるのに、1992年発売の「ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説」がいきなり外に放りだしてスタートはないでしょ‥

 

いや、さすがにそんなバグはないでしょ‥
そもそもまともな操作してない状態なんだから、それで発生するバグぐらい対処してるでしょ

 

とりあえず適当に飛び回れば陸地につきますよ
‥とりあえず北西に行ってみてください
 

 

一応陸地にはついたんですけど、やっぱりどっちに行ったらいいか分からないんですが
結構マップ広いみたいだし
‥やっぱりこれもバグなんですかね?

 

何でもバグのせいにしすぎです!
昔のゲームは今のゲームと違い、案内が不親切なことなんて多々あるじゃないですか

出てくる敵はキュウコンマンさんやカイワレマンさんなんだし、少しは自力で探索してください
↑通常エンカウントする敵で弱いです

 

強襲サイヤ人にも出てきた敵だね
今作にもでてくるんだね
 

 

建物が3つあるところを見つけたわ

 
ここで何かヒント得られるのかしらね

 

はい、一応ヒントも得られますし、体力の回復やお助けカードを買えるお店もありますよ
 
カードはクレジットで買えますが、クレジットは戦闘に勝っても手に入りません
戦闘後に拾えるお助けカードを売ってクレジットを手に入れましょう

 

どうやら近くに洞窟があるみたいね‥
あとミスターポポに会っておいた方がいいみたい
 
この家にいるみたいね

 

ミスターポポさんからもらえる悟飯さんのカードがなければラディッツさんに勝てません
必ず洞窟に行く前にイベントを起こしてください

 

これで洞窟に行けばいいのね
何か洞窟の中ににせラディッツってやつがいるわね
 
初見でも十分勝てる相手だったわ
それにしても偽物の対象をなぜラディッツにしたのかしら‥
下級戦士のラディッツじゃなく、ナッパやベジータみたいなエリート戦士の偽物にすればいいのに

 

色々都合があるんだよ‥
その辺は黙ってあげた方が親切なんじゃない!?
 

 

にせラディッツを倒した先で洞窟から出られるからそこを北西に進むといよいよ本物のラディッツね
 
話す前にお助けカードで回復した方がいいでしょうね

 

にせラディッツさんを倒した後に一度戻ってお助けカードを買いなおすのも手ですね
にせラディッツさんは復活しませんし、お助けカードが減っていたら危険ですから

 

回復して、戦ってみたんだけど‥
攻撃効かないんですけど!
 
これどうしたらいいのよ‥

 

だから悟飯カードをつかうんでしょ!
原作でも悟飯がラディッツに大ダメージあたえてたじゃない!!
さすがにそれぐらいは分かるでしょうに

 

ラディッツのパワーはその辺の雑魚とは大違いみたいね
 
ピッコロ、悟空のどちらかがやられたらゲームオーバーだからさっさと悟飯カードを使った方がいいわよ

 

悟飯さんカードを使った次のターンは「すてみ」コマンドを選べるようになります
 
このすてみを使うと毎ターンダメージを受けますがラディッツさんの動きを封じられます

 

ああ、なるほど
これで原作通り、魔貫光殺砲を使えばラディッツを倒せるってわけね
どこ貫通してるんだ?って気がしないでもないけどね‥

 

ラディッツ戦はほぼイベントバトルって感じね
1.悟飯カード
2.すてみ
3.魔貫光殺砲
の順番に進めればダメージ関係なく倒せるみたい

魔貫光殺砲を使う前に戦闘前から必殺技カードを用意して戦いに行くのがよさそうね

 

あとはすてみと魔貫光殺砲の順番が入れ替わらないよう注意する必要がありますね
そこだけ注意して戦いに臨めば問題なく勝てる戦いだと思います

 



ゲームプレイ日記 ブログランキングへ

もし記事が良かったらブログランキングや下のはてブ等のクリックをぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください