【忍者龍剣伝Ⅲ】ニセリュウ・ハヤブサは息子さんではありません!の巻




「忍者龍剣伝Ⅲ 黄泉の方船」、前回はステージ1と2をクリアしたところだったと思うけど、ステージ3はどうなのかしら

 

えっ、ステージ3!?
もうクリアしましたよ?
 

 

「もうクリアしましたよ?」じゃねーだろ!
ゲームブログなんだから、その辺の経緯をちゃんと説明しろよ

 

ステージとしては新アクションのぶら下がりを利用して進むような作りになってたわ
 
最初はちょっと苦戦したけど、すぐ慣れて10ハヤブサぐらいでステージ突破できたわよ

 

10ハヤブサとか変な単位作るな!
苦労してる人なんだし、もうちょっと言い方を考えてやれ

 

この辺も難易度低下の影響で楽にクリアできたんだね
ボスはどんな感じだったの?

 

ボスはこんな感じだったわ




最初の2~3ハヤブサ位は動きを見切るためにやられたけど、動きさえ見切ればこんな感じでどうにかなるわよ

 

ちょっと補足しますとこのステージ3のボスは本体にしかダメージを与えられません
出現時に右側にいる方が本体なので、その点は気をつけてください

 

ストーリーの方だと、アイリーンさんを襲撃したのはリュウ・ハヤブサさんのニセモノ(クローン?)だということが判明したわね
どうやら姿形だけじゃなく、実力もあるらしわ

 

この辺はちょっと気になったわね
ニセリュウ・ハヤブサはあんまり顔似てないからね‥
↑リュウ・ハヤブサ
↑ニセリュウ・ハヤブサ
にせものというよりも息子さんという感じのような‥

 

顔が濃い忍者龍剣伝Ⅰのリュウ・ハヤブサさんと比べるな!
時代が変わると顔の流行も変わるから、しょうがないんだよ

 

顔の話は置いておいて、次のステージ4についてはどうなのかしら?
 

 

そうね‥、もちろんステージ3よりは難しかったわね
分かりやすくいうと、ボス撃破含めて20ハヤブサぐらいでクリアできたかしら‥

 

ステージ4は前半が動く足場を乗り換えていくタイプのアスレチックステージですね
 
忍者龍剣伝シリーズでおなじみの嫌らしい敵配置は健在です
初見突破は難しいかと思いますが、何度かプレイしてパターンを見切ればⅠほどではないかと思います

 

忍者龍剣伝Ⅰだと嫌らしい敵配置の敵を何とか撃破しても、画面スクロールでちょっと戻ると何度でも復活してたからね‥

忍者龍剣伝Ⅲだと、一度倒せば画面スクロールで復活しないから安全になったわよね

 

後半ステージは針ステージです

 
一定時間ごとに出たり引っ込んだりを繰り返す針地帯を抜けていかなくてはいけません
針は一撃で体力を3つも持っていく危険な罠で、無敵時間の短さもあり連続でダメージを受けてしまう可能性もある、ちょっと嫌な場所です

 

まあ嫌な場所ではあるけど、針が出るタイミングとか敵の配置を覚えれば、結構何とかなるわよ
初見では難しいけど、シリーズプレイ経験ある人なら、数ハヤブサ単位で突破できると思うわ

 

そしてボスはこんな感じです

 
地上にいる時は単調な動きで大したことはないのですが、地中に潜り火炎を2方向、2回噴射した後にリュウ・ハヤブサさんのいる場所めがけて飛びついてくる、ちょっとやっかいなボスです

 

戦った感じだとこうね

 
火炎放射からの飛びつきはかなり回避が難しかったわ
でも地上にいる時はこんな感じで一気にダメージを与えられるから、ダメージ覚悟で押し切るのが一番楽かもしれないわ

上のゴリ押し戦法で3ハヤブサで撃破できたわ

 

そしてクリア後のムービーね
クランシィって人が出てきたわ
 
フォスターと一緒に研究をしていた人みたい‥

 

あれ!?フォスターやこのクランシィって人はゲーム研究家なの?
バイオハザード計画って‥

 

そのバイオハザードとは関係ありません!
そもそもゲームのバイオハザード発売は1996年で1991年発売の忍者龍剣伝Ⅲの方が早いです

 

‥ということは、もしやこの忍者龍剣伝Ⅲの黒幕にはカ●コンがいるとか‥
大ヒットゲームだからね!

 

いや、まだゲーム途中で謎は解けてないけど、そういう展開にはならないと思うよ
 

 

どうやらこのクランシィって人はフォスターの計画についていけないって話でリュウ・ハヤブサさんに協力を求めてきたみたい

いよいよフォスターが一番の悪ってことになってきたみたいね
次回から一気に追いつめて行きましょう

 



ゲームプレイ日記 ブログランキングへ

もし記事が良かったらブログランキングや下のはてブ等のクリックをぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください