【忍者龍剣伝Ⅲ】黄泉の方船って次元戦艦のことなのね!の巻




ついにきたわね
「忍者龍剣伝Ⅲ 黄泉の方船」のステージ7(ラストステージ)よ

 

次元戦艦とかいうなんだか凄そうなのが出てきたみたいだよ
 
凄い武器とかも搭載されているみたいで、クランシィはこれで世界を焼き払うつもりみたい

 

まあ、焼き払われても1機減るだけだろうし、1度や2度お亡くなりになっても大丈夫じゃない?
リュウ・ハヤブサさんなんて忍者龍剣伝Ⅰからの累計で3桁は余裕でお亡くなりになってるんだし

 

世界中の人をリュウ・ハヤブサさん基準で見るのをやめろ!
 

 

そんなわけで、ステージ7は次元戦艦のステージになるわね
リュウ・ハヤブサさんは外に追い出されたので次元戦艦外部からのスタートになるわ

 

メカメカしいステージよね
忍者龍剣伝Ⅲはこれまでに比べてメカっぽい敵やステージも多かったけど、ここなんて特にメカっぽいわね

 

7-1の最初の外周部については風が吹いているのでジャンプや移動が押し戻されるのが注意ですかね
‥とはいえ、そこまで難しい構成ではないのでここは簡単に抜けられると思います

 

そうね、この外周部は1ハヤブサ亡くなったのみで楽に抜けられたわよ
 

 

次の7-2は次元戦艦内部に侵入するところね
縦に上っていくタイプのステージね
 
左側の壁に電気みたいなのが走ってる部分があるけど、見ての通りここは壁に貼りつけないから注意よね

 

敵の数は結構多いみたい!

 
最初の外周部でダメージ受けてると、ちょっと怖いかもしれないね
画面真ん中の砲台みたいなのはシールド中に攻撃が効かないからちょっとやっかいだし‥

 

まあでも7-2に移ってるから、仮に途中でやられても次元戦艦内部からスタートになるわよ

敵の数は多いけど、そこまで難所でもないから、一度やられて体力満タンになってれば、まず抜けられるとおもうわよ

 

難易度低下が目立つ忍者龍剣伝Ⅲだけど、最終ステージは大幅に難易度低下してるわね
今の所、2ハヤブサしかやられてないわよ

 

管理人さん、ここからが本番だと思いますよ
7-2Bは横スクロールのいかにも忍者龍剣伝って感じのステージです
こんな感じのいやらしい敵配置が待ってますよ

 

た、たしかに、ここなんてかなりの難所だわ

 
完全に忍者龍剣伝してるわ‥

 

ここはこの突破方法が正解みたいですね

 
下手に電撃と電撃の間に着地してしまうとその後の回避ができず落下してしまいます

 

ちなみにこの直後に機械の虫みたいな敵が高速で近づいてくるので気をつけてください
‥まあ、ノックバックが小さくなったのでぶつかっても落下しにくくはなりましたけど

 

7-2Bに比べて次の7-2Cはかなり楽みたいだね

 
足場に乗りつつ上に移動していく方式の構成だけど、初見で行けちゃったものね

 

ここは0ハヤブサで突破できたわ
機械の虫みたいな敵がちょっとうっとおしかったけど、剣がパワーアップしてたら撃ち落とすのは楽だし結構簡単だったわ

 

7-2Dも比較的おとなしめかな!?

 
敵の数は結構いるし、放物線を描く弾を撃ってくる大砲みたいなのはいやらしいけど、体力さえあれば突破できるわね

 

あれ、7-3Aも結構楽だわ

 
こんな感じで針が一定時間ごとに出たり引っ込んだりするけど、1ハヤブサで突破できたわ
針のダメージは3ダメージと大きいけど、それに気をつければ結構どうにかなるわね

 

管理人さん、まだまだ油断できないですよ
7-3Bは難所ですよ
 
このように足場が崩れる中、敵が多数飛来する危険な場所です

 

この辺なんてヤバかったわね


忍者龍剣伝Ⅰの仕様だったら間違いなくやられてたわ‥
Ⅲの仕様だったから突破できたけど、かなりヒヤヒヤしたわね‥
やっぱ油断できないゲームだわ

 

でも続く7-3Cと7-3Dはそこまで大したことはなかったみたいね‥
体力満タンなら突破は楽みたい
↑7-3Aと似たタイプの構成
体力満タンならどうにでもなる
↑ラストエリア
敵が多い場所はあるが、結構何とかなる

 

‥とまあこんな感じでそれなりに難しいけど忍者龍剣伝Ⅰに比べると全然何とかなるわね
ステージ的には大体こんな感じで次がいよいよボスかしらね‥

 

次回はいよいよラスボスね‥
ステージは簡単になってたけど、ボスは分からないし、慎重に挑みましょうね

 






ゲームプレイ日記 ブログランキングへ

もし記事が良かったらブログランキングや下のはてブ等のクリックをぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください