【DQWβ版】残念に思えたので正直なレビューを書くの巻


※今回はテキストのみの回です。




ドラゴンクエストウォークβ版をプレイしてのレビュー

良い点、悪い点と両方ありますが、個人的にはコレじゃなかった感が強かったです‥(とはいえβ版の為、今後の正式リリース版とは大きく変わる可能性はありますが)

プレイしてみて良かった点、悪かった点を書きますので、見ていただけると幸いです。
ちなみにこれを書いている時点では2章の5話までクリアしています。

 

そもそもドラゴンクエストウォークってどんなゲーム?

非常に簡単に言ってしまうと、ポケモンGOのドラクエバージョンです(笑)
ただそれだけだと色々と誤解や独自要素等も伝わらないと思うのでざっとした流れを説明すると‥

1.クエストを受注し目的地を設定(この目的地は現実の場所を設定する)
2.目的地まで行き、イベントを消化(場合によってはボス戦あり)
3.クリアしたら次のクエストを受注し、また目的地まで行く

基本的には上記を繰り返してストーリーを進める形となります。
ボス戦で勝てない場合は当然経験値を稼いでレベルを上げてから挑戦することも可能です。
ストーリーが進めば複数人パーティーも可能。
やくそう等のアイテムや回復はマップ上にあるポイントにタッチすれば手に入るし、交換所というところで交換することも可能です。

ポケモンGOとの大きな違いはストーリー要素がある点ですね。
ポケモンに劣らず、モンスターの種類が多いドラクエなので、ストーリーが進むと色んなモンスターが見られます(図鑑上だと159匹いるみたいです)

 

良かった点

よく比較されるポケモンGOと比較しつつ良い点を挙げていきます。
こんな感じでしょうか。

・ウォークモードで自動的にモンスターを倒せる
・田舎でも問題ない
・戦闘の戦略性が高い

といったところです。
一つずつ説明します。

・ウォークモードで自動的にモンスターを倒せる
ポケモンGOにはない、ウォークモードというモードがあります。
このウォークモードは移動中に会ったモンスターとオートで戦闘するモードです。

もうちょっと詳しく言うと、モンスターはシンボルエンカウント方式の為、通常戦闘する場合はモンスターのシンボルにタッチをし戦闘に突入、戦闘時のコマンドも毎回入力する(作戦でAIに任せることも可能ですが)方式ですが、ウォークモードだとモンスターのシンボルにタッチ、コマンドの入力、モンスターを倒した等のテキストを流すみたいなのを全て自動化してくれるモードになります。
昔のドラクエであったコントローラーを固定するようなこんな感じの自動経験値稼ぎが公式で出来るイメージですね。
ただプレイヤーはモンスターに合うために歩き回らなくてはいけないですが、歩きスマホをしなくてもスマホを持って歩いていれば経験値稼ぎができるという、歩きスマホ対策なモードです。

・田舎でも問題ない
ポケモンGOのリリース当初にまず騒がれた話として、田舎にポケモンが出ない、ポケストップがない、といった話があったと思います。
ドラゴンクエストウォークはこの点はほぼ問題ないと思います。
というのも、何もない田舎道でもモンスターはいくらでも出現し回復ポイントもたくさん出てくる上、ストーリーを進める上で設定する目的地も豊富にあります。
具体的には‥
・まず誰も知らないような零細会社
・コンビニ
みたいなところを目的地に設定可能です。

‥いやいや、そんな物すらないよ、こちらは限界集落だよ?という声も聞こえてくるかもしれないですが、それでも恐らく大丈夫です。
というのも、何もない場所が目的地候補として出てきたり、自分で何もないところを目的地にしてしまうことも可能だからです。

特定の場所でレイドバトルが発生する等の不都合はあるかもしれないですが、普通にプレイする分には田舎でも問題ないと思われます。

・戦闘の戦略性が高い
ポケモンGOの場合、ジムやレイドバトル以外の多くを占める戦闘はほぼモンスターボールを投げるというかなり単純なものでしたが、ドラゴンクエストウォークの場合はもうちょっと複雑です。

パーティーバトル+スキル設定が可能なため、経験値稼ぎの際は全体攻撃ができるムチ系の装備にする、作戦は「いのちだいじに」にしておく、ボス戦では単体攻撃が強いスキルをつける(例:メラミ等)みたいなことができるので、そういったことを考えるのが好きな方はポケモンGOより楽しめるのではないでしょうか!?(ここしばらくポケモンGOをプレイしていないので、もし変わっていたら申し訳ございません)

 

悪かった点

そしてタイトルに書いた、本題の悪かった、残念な点ですが以下のような感じです。

・ウォークモードの回復問題
・ストーリーが薄い
・レベルアップで覚えるものが少ない
・ガチャ装備

こちらも一つずつ説明します。

・ウォークモードの回復問題
ウォークモードの際は回復ポイントを完全に無視してひたすら敵と戦ってしまうため、気がついたら全員ボロボロになっていることがあります。
全滅してもゴールドが減ったり等ペナルティはなく、やられたキャラは戦闘後HP1で復活する仕様ではあるのですが、実際にあったこととして

1.上記のようにウォークモードで歩いていたら全員HP1でボロボロになっていた
2.そこにメタルスライムが登場、やくそうで全員回復してから挑むも逃げられる

なんてことがありました。
メタルスライムが逃げるのは、まあしょうがないのですが回復アイテムを消費した上で逃げられるのは、個人的には精神衛生上良くなかったです‥
クエストのレベルを下げて弱い敵だけ出現するようにするみたいなことも可能ですが、それでも回復ポイントを無視はしてしまうので、ちょくちょく確認が必要かなと‥

まあ、自動で上手く回復ポイントにいきつつ戦ってしまうと、それはそれで反対意見が出そうなため、難しいところだとは思います。

・ストーリーが薄い
上記の通りストーリーは存在しますが、かなり薄いです。
基本的に外でプレイするゲームなため、あまりストーリーがしっかりしすぎてテキストが多いと困るからだとは思いますが、目的地に行っておつかいを済ます、テキストも短く淡々と過ぎてしまっていて、パーティーの仲間も正直なんとなくいる感じになってます‥
またパーティーメンバーは外見や性別すらも変えられるので、正直あまり思い入れは持てない‥

ゲームの特性上、仕方ない部分だとも思いますが結構気になる部分ですね。

・レベルアップで覚えるものが少ない
レベルアップで強くなるのは、基本ステータス以外だと職業スキルしかないみたいです。
転職もでき、みんな同じようなスキルにすることもできるようなので(ドラクエ6みたいな感じ)キャラの無個性化が進み、パーティーの仲間の思い入れが持てないことに拍車がかかります‥

・ガチャ装備
「レベルアップしても何も覚えない」問題とも関連するんですが、じゃあスキルはどうやって覚えるのか?というと装備で覚えます。
装備はクエストクリアや拾える物もありますが、メインはガチャ装備となります。

‥はい、そうです、ガチャ装備です。
正直ここが一番残念に思った点です‥

ポケモンGOをプレイされた方は分かると思うのですが、ポケモンGOの課金はガチャ要素はないです。(強いポケモンを育てるのに個体値や技がいいポケモンを引かなくてはいけないといった意味でのガチャ要素はありますが、お金がかかるポイントではないです)

基本無料ゲームのため、どこかで課金ポイントが必要なのは理解していますが、可能な限りポケモンGO形式で薄く広くな課金方式にして欲しかった‥
ポケモンの方が海外で強く、よってガチャ要素のない薄く広くな課金が可能という事情があるのも理解はしていますが、これだと結局課金した人がやたら強くなるという従来の基本無料アプリゲーといった感じにしか思えなかったです。

海外は難しくても、国内ではポケモンGOレベルのヒットをする可能性もあるゲームで、ポケモンGOのように普段ゲームしないお年寄りとかにも浸透できた可能性もあったのに、このガチャ要素がその可能性を潰してしまっていませんかね‥!?(今までドラクエをプレイしない層がプレイしても、重課金の人が萎えさせるみたいな‥)

個人的にはあまりドラクエをしない(したことがない)けど流行ってたからやってみた、みたいな人のためのドラクエ層を広げるドラクエみたいな位置づけとして欲しかったです。
結局従来の延長線上だと今リリースされているドラクエアプリとユーザーの共食いにしかならないのではないかと‥

ちなみに今のところはストーリーを進める上で無課金でも問題ないです。
リリース時にどういうバランスになるのか‥、ちょっと‥というかかなり心配です。

 

最後に

賛否両論あるであろう内容を色々と長々と書きましたが、結局一番言いたかったのは、「正直残念、理由はガチャ」ってところです。
ポケモンシリーズも結構プレイしていますが、それ以上にドラクエシリーズをプレイしている私としては、ポケモンGO以上に頑張って貰いたいと思っています。

まだβ版、色々修正も入るかと思いますので製品版、期待しております。

2019/06/16 追記
レビュー動画も作ってみたので、よろしければこちらもご覧ください(内容は大体同じです、良かったらチャンネル登録もお願いします(;^_^)/)



ゲームプレイ日記 ブログランキングへ

もし記事が良かったらブログランキングや下のはてブ等のクリックをぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください