閃乱カグラ 忍者は修行でござるの巻


今日はみんなも関係してくるかもしれないゲームを紹介するわ
実生活でも活かせる所があったらぜひ活かしてちょうだいね

 

実生活に活かせる!?
一体何の事だかって感じだけど・・・
とりあえずタイトルを教えなさいよ

 

今回紹介するのは「閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-」というゲームよ
以前500回記念回の時にプレゼントして頂いたゲームね

「ゲーム探しの旅!!」はプレゼントしてもらったゲームを記事にするとてもいいブログって事よ

 

・・・またプレゼントを貰おうって感じのいい回しよね・・
ホントずうずうしいんだから・・・

 

それじゃあ「閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-」について簡単に説明するわね

「閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-」はマーベラスAQLより2012年8月30日に発売された3DS用のアクションゲームよ

2011年に発売された「閃乱カグラ -少女達の真影-」(閃乱カグラシリーズ第1作目)の続編にあたるけど本作中に「閃乱カグラ -少女達の真影-」の内容が入っているみたいなんで多少変わってる点もあるみたいだけど実質1作目として遊べるみたいね(モンハンで言うとモンハン4とモンハン4Gみたいな感じ)
2018年2月22日にはPS4でリメイク版が発売するみたいなんで私みたいにシリーズの最初からプレイする場合はそこまで待つのもいいかもしれないわね

大まかなストーリーは忍者育成機関である「国立半蔵学院」という学校に通う少女達を操って正義の為に戦うって感じみたいよ

みんなと同じ学生で年齢も被るから普段の学生生活に何か活かせる事があったら活かしてちょうだいね

 

忍者育成機関!?
学生である事と年齢が同じぐらいなだけで多分普段の生活で参考になるような事はないと思うよ・・

 

ゲー子ちゃん、甘いわよ!
舞台となる「国立半蔵学院」は表面的には普通の進学校って設定なのよ!

もしゲー子ちゃん達の通っている学校が実は裏で忍者の育成機関である可能性も否定できないわ
そんな時の為に備えて活かしてちょうだいって事よ!!

 

ア、アホか・・・
忍者育成機関なんてあるわけないでしょ・・・
仮にあったとしてもそうそうあるものじゃないでしょう・・・

 

ホントみんな認識が甘いわね・・・
ちょっとこの参考画像をみてちょうだい

本作「閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-」と某別の忍者育成機関で育成された忍者なんだけど・・・
どうみても同じ忍者育成機関で育成されたとは思えないわ!

つまり日本には複数の忍者育成機関があると考えるのが妥当なのよ

 

ゲー子 驚き

某ってつける意味なくない!?
おもいっきり「忍者ハットリくん  忍者は修行でござるの巻」って書いてあるよ

 

まあ、でも仮に私達の通っている高校が忍者育成機関だったとしても、いつも通り過ごせば特に問題はないんじゃないですかね?

 

だからホントみんな認識が甘いって!
もし道を歩いていて、こんな事が起こったらどうするつもりなの?


忍者育成機関で過ごしてたらこんな風にいきなりちくわと鉄アレイを投げつけられるという理不尽にあう可能性もあるわよ!!

 

まあ、ちくわはともかく鉄アレイは当たり所が悪ければ命に関わるよね
これ見た感じ、一般人がいきなり対処するのは難しいと思うわ・・・

 

こんなものじゃないわ
前にこんなのを見せたの覚えてるかしら?

これも忍者絡みの案件よね
こんな風にいきなり炎を吐かれたら一般人はなすすべなく倒れるしかないわよ!

 

たしか以前紹介した「影の伝説」ですよね
これは一般の人間の反射速度では回避不能ですね
忍者育成機関だからといってこんな事があるのかはわかりませんが・・・

 

そして極めつけはコレ!
比較的最近の忍者案件(ゲームは最近じゃない)だしみんなちゃんと覚えてるわよね?

こんなもんどうしろと!?

 

ゲー子 驚き

忍者龍剣伝だね
リュウ・ハヤブサさんでもこんな理不尽なやられ方しちゃうのに私だったらどうにもならないよ

 

少しは分かってくれたかな!?
自分にも関係のあるかもしれない、実生活でも活かそうって視点で「閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-」をプレイしていきましょうね

 

!!ちょ、ちょっと待って下さい・・・
な、何と言うかその・・・、皆さん胸の方がかなり発達してないですか・・・?
高校生ぐらいで皆こんなにならないですけど

 

・・・そこは私も気になった所ね
1人2人ならともかく、みんなパイオツカイデーなのはちょっとおかしいよね・・・
でも考えてもみてよ

こんな理不尽が立て続けに起こるんだし、それ位の事は多めに見てあげてもいいんじゃないかな!?

 

みんなが胸が大きい理由の説明になってない気がするんだけど・・・
心情的にこんな事が起こるなら多少優遇されてもっていうのは分からなくもないけどさ

 

そもそもこんな理不尽が続くのはリュウ・ハヤブサさん位なんじゃないかな?
 

 

はいはい、細かい事は置いておいて進めていきましょうね!

・・・なるほど、ゲームの流れとしてはストーリーを進めて行く感じでこういうアドベンチャーパートと

アクションパートがあるわけね

 

そのようですね
また出撃させるキャラクターを変更したり、セーブしたりする拠点パートもあります
レベル制なので特定のキャラだけレベルが偏り過ぎないように注意したいですね

 

・・・よし、ちょっと長くなりそうだから今回はここまでにして次回から本格的に進めましょう

学生のみなさん、もしあなたの学校が忍者育成機関だったら・・・という事を考えながら見て頂けると幸いです

 





ゲームプレイ日記 ブログランキングへ

もし記事が良かったらブログランキングや下のはてブ等のクリックをぜひお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です