閃乱カグラ 大怪我時における日米の対応の差について・・・の巻


前回に続いて「閃乱カグラ BURST -紅蓮の少女達- 」だね
今回は3章かな

 

今回はおふざけは少なくして欲しいわね
例の市長が来る前に早速進めましょうか
 

 

3章も結構シリアスみたいですね
今回は雲雀さんがメインなストーリーですね
自身の技の失敗を気にしているみたいです

 

失敗が続くと気にしちゃうわよね・・・
ましてや忍者だし任務中の失敗は命に関わってくるもんね・・・

 

HAHAHAHA・・・
雲雀ちゃん、そう気にしないで欲しいよ
大人だって色々失敗するものだよ!
私もこんな感じでちょっと失敗しちゃったしね

 

あなたは失敗しちゃいけないでしょ!!
町に暴力と死以外の物を作りなさい!
 

 

暴力と死の町の問題点に交通渋滞を上げる市民も凄いわね・・・
暴力と死に慣れちゃったのね

 

ほら、また話がちょっと脱線してますよ!
雲雀さんの話に戻しましょう
失敗を気にした雲雀さんは挽回の為、蛇女学園の本拠地を突き止めようとしましたが失敗してしまいます・・・

 

失敗が続いてたから、上手く本拠地を発見して戻れれば良かったんだけど・・・
敵にも見つかっちゃったし、かわいそうね

 

柳生さんが何とか脱出はできたんですが・・・
その柳生さんが銃弾で大怪我をしてしまいます
 

 

銃弾には毒が塗られていた事もあってかなり危険な状態みたいね
無事回復するといいんだけど・・・

 

な、そ、そんな事になってしまってたのか!?
私をぜひ病室に連れて行って欲しい
私にいいアイディアがある!

 

さすが市長だね!
有名なお医者さんの知り合いがいるのかな?
市長の町はケガ人多そうだから凄腕の医者を知ってそうだもんね

 

!?日本ではそういう話になるのかな?
私は傷を回復させる為にお肉を差し入れしたいと思ったのだが・・・
こういうお肉を食べると傷が全回復するんだよ
市長としてがんばった柳生ちゃんにぜひ差し入れしたいね

 

思いっきり踏んづけてるじゃないの!
しかも道端に落ちてる肉だし!
そんなのを差し入れする気なの!?

 

女の子に食べさせる代物じゃないわよね・・・
あとモザイクもどんどん意味がなくなってきてるわよね・・・

 

!?日本人はお肉で全回復しない?
それだったらこっちの方がいいのかな?

この道端に落ちてる噛みかけのガムだな
これもお肉と同じく全回復するぞ!
しかもこの時私も銃弾を撃ち込まれたが全回復したという実績ありだ
お肉と違ってカロリーも気にする必要もないし、こっちの方が女の子向きかな?

 

男の子、女の子の問題じゃないよね・・・
道端に落ちてる噛みかけのガムなんて衛生上とかもっと根本的な問題点があるよね

 

でもこのガムはここでしか取れないものすごく貴重な物なんだよ!
私としては本当にオススメなんだがなぁ

・・・まあ納豆や梅干が苦手なアメリカ人も多いし、その辺は文化の違いでしょうがないのかな・・・

 

納豆や梅干と噛みかけのガムは同列にはならないでしょ!!
衛生問題だ!って言ってるでしょうに

 

ま、まあまあ、この辺のすれ違いも文化の違いでしょう・・・
アメリカ人と日本人というより○トロシティ住人と日本人の

 

正直納得いかない事が多々ありますが、柳生さんがひとまず命はとりとめたようです
ただ責任を感じて雲雀さんが仇をとりに行こうとしてしまいます

 

超秘伝忍法書っていう切り札を使おうとしたんだけど逆にとられちゃったのよね・・・
気持ちは分かるけどちょっとうかつだったかな
敵地でこの状況はかなりヤバイわよね

 

これは確かにヤバイね・・・
最悪の事態を想定しなくてはいけないかもしれないな
こんな事態を・・・

 

ゲー子 驚き

だから閃乱カグラは負けてもここまでされる作風じゃないよ!
こんな水攻めにはあわないから安心してよ

 

!?そ、そうなのか?日本だと文化の違いでそうなるのか?
私の仲間の女忍者も捕まった時は容赦なく水攻めにされてたぞ

 

暴力と死しかないとこうなっちゃうのね・・
閃乱カグラの世界も日本にしては治安は悪い方だけど日本だけにまだ治安はいいのかもね

 

超秘伝忍法書を取られて帰れなくなっちゃった雲雀ちゃんだけど、みんなが助けにきてくれた所で3章は終わりだね

 

この間に雲雀ちゃんは蛇女学園に一時的に入学するのよね・・・
ここで微妙な心情の変化が起こったみたい
この後の話に影響してきそうよね

 

じゃあ今回はここまでで、次回は4章からかな
雲雀ちゃんの心情の変化、気になる所よね
 

 

 






ゲームのストーリー的にはかなりシリアスな部分もあるんですが・・・
こんな感じのブログで申し訳ありません

 

ゲームプレイ日記 ブログランキングへ

もし記事が良かったらブログランキングや下のはてブ等のクリックをぜひお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です